log::dual

<   2005年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

日々の記録

3面道中を少し。
後回しにしていたファーストピラミッドの上避けを安定させる。やはりやっていることは同じなので、慣れればどうと言うことはなかった。
ついでに3面前半の道中パターンを微妙に変更。
[PR]
by mostlyharmless | 2005-08-29 04:21 | 日々の記録

「永夜返し -丑の四つ-」

永夜返しの中では一番ましな難易度なのですが、簡単とも言い切れないスペル。

このスペルでは時間切れまで回転弾の帯を横断し続ける必要があります。
連弾の密度は見た目の通りスカスカなのですが、弾速はかなりのものです。更に弾の軌道は弧を描いており、自機の進行方向対して逃げていく角度で曲がっています。これが絶妙に嫌な角度で、普通にまっすぐ流れている弾をすり抜ける感覚で抜けようとすると、よく背中からなぎ倒されます。
横断する必要のある回数が多いこともあり、きっちり安定させておかないと意外と事故率が下がってくれません。

見て避けるタイプの単純なスペルなので攻略と言うほどでもないのですが、一応基本方針を。

多少操作は煩雑になりますが、基本的には自機の位置調整は低速で、回転弾を横断する瞬間は高速で移動するようにします。嫌な角度で曲がっているとはいえ弾の密度自体は低いので、怖がらずに一気に抜けてしまえば多少タイミングが狂ってもそうそう被弾しません。

逆に、低速移動で抜けようとすると、ちょっとタイミングがずれただけでも横断しきれずに被弾します。
高速が扱いきれず低速で行きたいという場合は、せめて弧に対してなるべく垂直になる角度で抜ける、つまり斜め移動を使って抜けてください。これなら多少横断の難易度が下がります。

上の方法でどうやっても安定しないという人は、試しに一度低速封印でやってみてください。
一番怖そうなやり方に思えますが、実際のところ私の場合でも下手に低速を混ぜるより低速封印で画面最下段で左右にひょいひょい避けている方が安定しています。まあこれは慣れの問題かもしれませんが。ちなみに人間で稼ぐ場合はこの方法の一択です。
[PR]
by mostlyharmless | 2005-08-28 00:49 | th08-6B

日々の記録

適当にプラクティスで流してから、通し一回。

プレイヤー名 Dual
プレイ時刻 2005/08/27 23:21:40
キャラ名 魂魄 妖夢   
スコア 4815782220
難易度 Lunatic
最終ステージ Clear
ミス回数 3
ボム回数 11
処理落ち率 0.157785%
人間率 59.49%
ゲームのバージョン 1.00d

1.6, 4.7, 10.8, 19.2, 27.2, 48.1
32枚。
ファイアフライ、郷、ブディスト、枝、世明け。
死亡地点は3面道中、鈴仙第二通常、枝。

初めてノートンの自動更新に殺された。いちいち切るのが面倒でそのままにしてたけど、さすがに懲りたので次からは注意しよう。

世明けは取れるパターンだったのに、残り0秒で余計な動きをして失敗。枝も残り0秒死。枝は残り0秒まで粘るパターンに変えてから、この死に方が多い。

6b突入時人妖点86万。低すぎ。郷の失敗が効いてる。
[PR]
by mostlyharmless | 2005-08-27 23:50 | 日々の記録

プレイ環境とワイン持ち

ちょっと時期を逸した感もありますが、プレイ環境の話など。
以前リプレイのコメントに書いたこともありましたが、今はこんな感じです。

コントローラ:
 HORI Real Arcade Pro
USB変換器:
 TrioLinker Plus
モニタ:
 Dell UltraSharp 2001FP HAS

以前は変換器にAT-P01(SPITAL)を使ってたのですが、ある日突然突然上キーを入力するとそのままニュートラルに戻らない症状が出始めたため、

JY-PSUAD1を買ってみた。
 >どのキーも反応すらせず
JC-PS101USVを買ってみた。
 >上押しっぱなしの症状が出た。
TrioLinkerPlusを買ってみた。
 >ようやく正常に動いた。

と右往左往した結果、TrioLinker Plusに落ち着いています。
RAPの変換器泣かせにも困ったものですが、かといってこれがないと稼ぎなんか到底無理なわけで。玉の枝やイベントホライズンなんかは普通に取ることすら怪しそう。

スティックの持ち方は俗に言うワイン持ちで、中指と薬指の間に挟むタイプ。


コントローラは好みの問題なので手になじむ物なら何でも良いと思いますが、変換器だけは良い物を使いましょう。この手のゲームを反応の鈍い変換器で遊ぶのは、水の中で徒競走をやるようなものです。
[PR]
by mostlyharmless | 2005-08-27 04:54 | 環境

日々の記録

今日は幽々子単体。稼符2周目記念実況イベントに参加。

プレイヤー名 Dual
プレイ時刻 2005/08/27 02:08:10
キャラ名 西行寺 幽々子 
スコア 2734378810
難易度 Lunatic
最終ステージ Clear
ミス回数 6
ボム回数 28
処理落ち率 0.201833%
人間率 17.80%
ゲームのバージョン 1.00d

24枚。
久しぶりすぎる妖怪単体。自機の遅さに戸惑って序盤のあちこちで怪しい動きをしている。
半年前の自分に4億も差を付けられているけど、まああの頃は定期大会で妖怪慣れしていたし。

たまにはこういうイベントも良いものですね。
[PR]
by mostlyharmless | 2005-08-27 04:48 | 日々の記録

日々の記録

2面道中の続きを40分ほど。
道中刻符8000~9000で妥協するならほぼ安定なんだけど、10000以上を狙うと途端に死ぬ確率が跳ね上がる。
最後の雑魚編隊はいまだに運次第で刻符に数千の差が付いていて、運が良ければあっさり12000近く出たりするのだけど、ここもちょっと攻めるとあっさり死ぬし。2面道中は全編通じてこんなのばっかりだ。

ASAPIN氏の結界56億では、2面道中刻符16000を叩き出されているので、もう少し何とかしたいところなんだけど。2面は人間だと辛い。


5面道中も何回か。てゐの項で大嘘書いていたことに気付いたので、訂正。
[PR]
by mostlyharmless | 2005-08-24 22:42 | 日々の記録

紅魔郷4億とエターナルミークの安地

永夜抄じゃなくて紅魔郷の話。

紅妖のスコアボードが出来て以来、ZNA会長氏が紅魔郷Lunaticを怒濤の勢いで伸ばしていたのですが、先日、とうとう霊符が4億のオーダーに乗りました。3億で精一杯だった私からすると既に人知を越えた世界。

当然いろいろな新パターンが開発されているわけですが、その中で特に目を引くのがエターナルミークの安地です。こういった想像を絶する避け方に気付くあたりが、一流とその他凡夫との違いなんだろうなあと感心することしきり。

エターナルミークは、少し頑張ってからボム→重なり撃ち込みというのが、それまでの通常のパターンです。思い返してみれば、早いタイミングで道を見失ってボムを使わされた場合に、微妙なタイミングかもと思いつつ運を天に任せて咲夜正面で重なり撃ち込みをしていると、無敵時間が長い、というか無敵時間が切れた後もしばらく死なないことが多いような?と感じたことは、何度か有りました。それでも後から言われてみればそんなこともあった、という程度で、よもやこんな所が安地になってるとは夢にも思いませんでしたね。

とりあえず、なんでこの場所で死なないのかを少し考えてみました。
多分ですが、内部的に咲夜本体の当たり判定は四角形■で、弾の射出口、というか弾の当たり判定の現れるラインは、その周囲で円形○配置になっているんだと思います。
その二つを重ね合わせると (■) こんな形になって、円弧の部分で |) こういう形の隙間が出来るんじゃないかなと。だから合わせるなら上下左右の四方のどこか。斜めは駄目。

紅色の幻想郷やロイヤルフレアでも見られる、この「霧状のエフェクトが収束して小玉になる」という演出は、恐らく内部的には汎用的な部品になっているのでしょう。これを上手く使って咲夜周辺のちょっと大きめのオーラのような演出を表現しようとした結果、咲夜の真上ではなく周囲にドーナツ状に弾を並べてから外にはじき飛ばす仕組みにされたのだと思います。その副作用として、咲夜本体の当たり判定と小玉の出現位置との間に隙間が出来ちゃったのでしょうね。

詳しくは調べてませんが絵的に咲夜の判定の方は真四角じゃなくて縦長の長方形のようにも思えるので、左右どちらかの真横で合わせるのが正しいのかな。体感的には |) よりももう少し広い隙間が空いているように感じるし。
[PR]
by mostlyharmless | 2005-08-21 17:57 | 徒然

2面道中

実は単純な道中難易度で見ると、2面は全面通じて一番難しいのではないかと思います。
開幕から最後まで、気を抜くとどこでもいつでも死ねます。


今回はとりあえず2面前半のヤマ、使い魔雑魚の早回しについてだけ。いまだにパターンが固まっていないので、攻略と言うより覚え書きのような物ですが。

序盤に出てくる自機狙いの使い魔を連打する魔法陣雑魚は、速く倒せば倒すほどたくさん出てくれます。効率よく倒し続ければ最大で7匹まで出てくれますが、ちんたら倒していると3~4匹程度しか出てくれません。

そして、よりによってこの雑魚は点アイテムを6個も出してくれます。つまりこの雑魚を出し損ねると、この時点での人妖点が40万弱として、40*2*6の480万、素点だけで500万近く落ちることになります。
また、点アイテムの数は刻符の点数にも影響します。クリア時の人妖点が110万前後とすると、この時点以降で取得される刻符の数は70万/5で15万個。点アイテム1個につき刻符1個の点数は5点上がるので、ここで6個の点アイテムを逃すと15万*5*6で450万。
つまり、この雑魚を一匹出し損ねるだけでトータルで1000万近く落ちる計算になります。

そこでなるべく早く倒すよう努力するわけですが、この雑魚の撃ち出す使い魔は非常に堅いため、人間単体での速攻撃破にはかなりのコツが必要です。さらにLunaticでは同時に出てくる編隊雑魚が途切れ目無く高速弾を撃ってくるため、これも一緒に捌きつつ撃ち込む必要があります。
[PR]
by mostlyharmless | 2005-08-21 02:44 | th08-2

日々の記録

2面道中を40分ほど。全体的にパターン見直し中。
さしあたっての目標は序盤の魔法陣雑魚の早回しで、7匹撃破を安定させること。一応パターンは出来ているんだけど、成功率が今ひとつ。妥協すると出し損ねるし、攻めすぎると死ぬしで加減が難しい。

3面も数回。調子は今ひとつ。
妖夢でも郷の開幕でボムを使って一回目の円陣でも中避け出来ないかと試してみたけど、当然のごとく無理。試すまでもなかったか。ラストスペル使っても無敵時間が足りない。
[PR]
by mostlyharmless | 2005-08-21 02:37 | 日々の記録

「永夜返し -寅の四つ-」

スペル攻略も完全パターン系が残り始めてネタが無くなってきている感じですが、今回は稼ぎの最重要項目、寅の中避けを。

と言ってもこのスペルも特に目新しいことは書けません。かなり前のものですが稼符での記述を貼っておきます。

寅は
「前から来る弾にあわせて下がる」
じゃなくて、
「広がっていく玉に着いていく」
って感覚でやるのが重要だと思う。

やってることは同じように見えるけど、前者だと判断経路が
「まだ見えていない弾に対して、音とタイミングだけで判断して下がる」
であるのに対し、後者だと
「目で見えたことを確認してから(1テンポ遅れて)下がる」
になって、安定させやすくなるから。


上の記述は去年の12月の話ですが、現在に至っても状況は何も変わっていません。ファーストピラミッドのように楽な安定のさせ方があれば良いのですが、そんなものがあれば私が知りたいくらいで。


これだけだと何なので、少し余談っぽい話も。

中心から脱出する際には、真下に出る方法と斜め下に抜ける方法の二通りがあります。
脱出に関しては移動距離が短い分、真下の方が安定するように思えます。ただし、真下に抜けた場合はその後大玉を一度切り返す必要があり、これが少々怖いです。
斜め下に抜けた場合は、そのまま画面端まで移動後、反対側の壁に向かって少しずつ進むだけで時間切れまで粘ることが出来ます。どちらでやるかは好みの問題でしょう。
なお、スコアは真下の方が少し高くなります。これは恐らく輝夜からの相対距離が近い位置に長く居る分、かすりの量が増えるためかと。

斜めに抜けた場合は、その後高速で端まで移動する必要があるため、何も考えずに移動すると結構な確率で妖怪逢魔が解除されてしまいます。妖夢でこの状況に陥るとその後のかすりで逢魔に復帰できないため、1000万落ちになります。
これを避けるため、端に行くときは高速移動だけで移動せず、低速ボタンを少し連打しながら移動します。まあこれをやっても妖怪逢魔が解除されてしまうことも多いわけですが。

もう一つ。通常、刻符は出現後に一定のタイムラグを置いてから自動回収されますが、ショットボタンを放した状態だとこのタイムラグは発生せず、一瞬で回収されます
妖夢でのかすり刻符稼ぎで逢魔の維持が難しいのはこれが原因でもあるのですが、ともあれこれを考慮すると、寅の中避け中もショットを撃ち続けていれば刻符の回収が遅延されて、逢魔の維持が安定する、と考えることができます。理屈の上では。
問題は人間単体で実際にこれをやると自機の周りが地獄のような見にくさになることで。
中避け中に余計なことをして成功率が下がったのでは元も子もないので、実戦には適用していません。
[PR]
by mostlyharmless | 2005-08-19 23:50 | th08-6B