log::dual

<   2006年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

シューティングゲームの歴史 (Histoire Du Shooting Game)

「シューティングゲームの歴史 (Japon : Histoire Du Shooting Game)」という動画の存在を、昨日初めて知りました。フランスのゲーム専門チャンネル「GameOne」で制作されたドキュメンタリーのようです。

Japon : Histoire Du Shooting Game (shmup.avi)

[here is a link to the video]というリンクから、右クリック→対象をファイルに保存で動画をダウンロードできます。少し下の[shmup subtitles]というリンクから、英語版の字幕ファイルが。面倒という方はYoutubeにもあります。ただしこちらは画質が悪くて、字幕がほとんど読めません。なお、Youtubeの方にはメイキング映像も有るようです。

もうオープニングでいきなりバブルシステムの起動音が使われている時点で、どこか上の方の階層で人類側の勝利条件が満たされてしまったような気がしますが、まあそれは置いておいて。

いや、これは凄いです。内容にしても解説のレベルにしても、あまりにツボを押さえすぎた映像素材にしても、どうして地球の裏側に住みながらこんなものが作れてしまうのか、不思議で仕方有りません。
中盤あたりで弾幕シューティングの「当たり判定」についての(わざわざイメージ映像まで用意した)詳細な解説を始められて、思わず頭を抱えてしまいました。ゲーメストの特集記事じゃあるまいし。

欠点は日本語のインタビュー部分にフランス語の吹き替えが重ねられてしまっていて、何を言っているのかさっぱりわからないと言うことでしょうか。で、ちょっと探してみたところまだ誰も翻訳に手を出していないようなので、英語版の字幕ファイルから日本語版を作ってみました。興味ある方はどうぞ。

shmup_jp.ssa (061109-1855)

一晩で一気に訳したので後半、というかスペースインベーダーのあたりで既に力尽き始めて、わりと適当な訳になっています。分量の目算を誤りました。おかげで昨日は半徹夜です。誤訳の指摘歓迎。

日本語の字幕ファイルを表示するには、MediaPlayer Classic直リンク)を使います。
日本語を表示するための手順は以下の通り。

ウィンドウのメニュー(窓の上部に並んでるメニューバー)から
・View(表示) - Options...(オプション...) - Playback(再生) - Output(出力) - DirectShow Video - VMR9(renderless) を選択
・View(表示) - Options...(オプション...) - Subtitles(字幕) - Default Style(標準のスタイル) - Font(フォント) で好みの日本語フォント(MS Pゴシックあたり)を選択
・動画ファイルを開く
・File(ファイル) - Load Subtitles...(字幕を読み込む) で 字幕ファイル を開く

上の動画配布サイトで解説されているVLCでも出来るとは思いますが、日本語の設定方法がわからず断念。

なお、上の動画はXviDでエンコードされているようです。再生出来ない方はcodecs.comなどからXviDのコデック(直リンク)を入手してインストールしてください。


2006/10/27 追記
この動画に興味を持った方は、あわせてアルカディアに連載されていたコラム「オールドゲームミュージアム」(Extendead)も見ておくと良いでしょう。偉大な先人達が歴史に刻んだ轍の一部を垣間見ることが出来ます。
特に最終回の「NEVER SAY NEVER ~ 絶対に絶対無理だと言ってはならない」は、普段からこんな僻地のサイトを見に来ているような人なら必読です。熟読して泣いてください。

連載の内容は多岐に渡っており、人によってツボは違うので当たりはずれは有ると思いますが、どのコラムも直撃を喰らってしまうと恐らく涙無しには読み進めることが出来ません。
ちなみに、私の個人的なお奨めは、2001年8月の「私闘・サラマンダ戦記」、2003年1月の「グラII・レーザー装備の戦い」など。特にサラマンダ戦記で解説されているような思想や哲学は、私のその後の人格形成に多大な影響を与えています。


2006/10/31 追記1
Windows環境のVLCで日本語を表示するには、単にフォントを指定するだけでなく、日本語が含まれているTrueTypeフォントファイル(*.ttf)を別途用意する必要があるようです。(コメントでのご指摘ありがとうございます)


2006/10/31 追記2
以下のサイトで、Mac環境のVLCで見る方法を紹介されています。Mac環境の方はこちらを参照すると良いでしょう。
なつみかん@はてな - シューティングゲームの歴史


2006/11/27 追記
Youtubeを"GameOne"で検索すると、似たような番組が大量に出てきますね。こういったものを余所の国に先に作られてしまう我が国の文化レベルの低さに打ちひしがれつつ、せっかくなので面白そうなものをいくつか拾ってみます。流石に字幕は用意できませんが。

「ゲームミュージックの担い手達」
GameOne - Japon : Les stars de la Game Music (part2, part3)
人選のレベルで当然のように崎元仁氏や古代祐三氏を選んでしまうあたりが流石ですが、意外と普通の内容という印象。私も「シューティングゲーム」と同じくらい「ゲームミュージック」には思い入れがあるのですが、STGの時のように訳さずに居られない程の衝撃はありませんでした。
個人的にはMIKI-CHANG氏やOGR氏を引っ張り出していたら神だったのですが、まあ流石にそれは「STGのゲームミュージックの歴史」のような切り取り方で番組を作られでもしない限り無理でしょうね。本当にそんなものが作られてしまったら、その場で仏語の勉強を始めてしまいそうです。

「格闘ゲームの歴史」
GameOne - Japon, Histoire du Fighting Game (part2, part3)
歴史ドキュメンタリーの格ゲー版。主にストII以降の格闘ゲームの歴史を網羅しています。タイトルにある"Fighting Game"は、ファイナルファイトのようないわゆるベルトスクロールアクションも含めた広義での格闘アクションゲームを指しているようで、開幕にちらっとそのあたりのゲームも写っていますね。
見る人が見ればSTG版と同じくらい感動するのかもしれませんが、私は格ゲーは初代侍くらいまでしかまともにやっていないことと、やはり言葉の壁の厚さがいかんともしがたく。

「アーケードの30年」
GameOne - Japon, 30 Ans D'Arcade (part2, part3)
ゲームそのものではなく、ゲームセンターやアーケードの変遷を纏めたドキュメンタリー。単なる時代毎のアーケードシーンの紹介に留まらず、基板屋に踏み込んでコントロールボックスを紹介していたりJAMMA規格の解説をしていたりと、相変わらず何処か狂ってます。

しげやんサーガ 宮本茂物語」
GameOne - La Saga Miyamoto
おなじみ「世界のミヤモト」こと宮本茂氏(任天堂)を大々的に扱ったルポルタージュ。1時間のスペシャル版でお送りしております。

「音楽ゲームの歴史」
GameOne - Japon : Histoire du Rhythm Game (part2, part3)
音ゲーは門外漢なので、リンクだけ。
[PR]
by mostlyharmless | 2006-10-26 23:45 | 徒然

日々の記録

プレイヤー名 Dual
プレイ時刻 2006/10/25 04:16:39
キャラ名 魂魄 妖夢   
スコア 4893589810
難易度 Lunatic
最終ステージ Clear
ミス回数 4
ボム回数 13
処理落ち率 0.215900%
人間率 63.06%
ゲームのバージョン 1.00d

1.6, 4.7, 11.8, 20.9, 30.4, 48.9
33枚
ファイアフライ、シュート・ザ・ムーン、枝、寅

6B到達時人妖点97.9万は自己ベスト。
しかし魔法陣で壮絶に崩れて枝失敗で終了。あげくに寅も失敗。

またてゐが1up出してません。この部分は特にパターンを変えていないはずなのですが、最近になって急に出さない確率が上がった気がします。
[PR]
by mostlyharmless | 2006-10-25 04:27 | 日々の記録

永夜抄500時間

いろいろと区切りの良いところで久しぶりのリザルト晒し。本日目出度く永夜抄のプレイ時間が500時間を突破しました。

2006/10/22 result

もう一つ。調べてみたところ、私の東方シリーズとのファーストエンカウントは、4年前の今日、2002年10月22日のようです。紅魔郷の体験版をダウンロード、という記述が当日の日記に見つかりました。
「東方紅魔郷のオンラインマニュアルは全編に渡ってスカーレットの綴りが間違っている」とか、実にどうでもいい内容の感想が書かれています。その時はまさかこんなに長いつきあいになるとは夢にも思っていませんでしたね。

ついでに、関係有りそうなイベントもいくつか拾ってみます。

Tus, 22 Oct 2002 02:34:34 JST-9
紅魔郷と遭遇。体験版をダウンロード。

Tus, 26 Nov 2002 23:54:10 JST-9
紅魔郷製品版を購入。

Mon, 03 Mar 2003 01:20:26 JST-9
紅魔郷Lunaticをクリア。

Mon, 12 Apr 2004 20:44:30 JST-9
妖々夢Extra全符10億達成。

Thr, 29 Jul 2004 21:41:17 JST-9
RAP+AT-P01購入。あまりの違いに愕然とする

Mon, 02 Aug 2004 16:30:41 JST-9
RAP効果から真面目に稼ぎを始めてみる。
手始めに紅魔郷Lunatic魔符2.3億。
この頃から同人ゲームスコアボードが不安定になり始める。
登録しようとするもかなわず。

Sun, 08 Aug 2004 00:40:37 JST-9
紅魔郷Lunatic魔符2.75億。
一時的に復旧した同人ゲームスコアボードに初登録

Fri, 13 Aug 2004 11:05:26 JST-9
紅魔郷Lunatic魔符3億達成。
程なくして同人ゲームスコアボード消滅。正確な時期は不明。

Wed, 10 Nov 2004 20:18:13 JST-9
東方シリーズスコアボード開設。永夜抄スコアボードが設置される。
妖夢単体42.6億を登録。

Sun, 14 Nov 2004 19:18:30 JST-9
稼符定期大会が開始される。最初のお題は紫単体。

Tus, 25 Jan 2005 20:54:02 JST-9
東方攻略Wikiに旧スコアボード待避所が作成される。

Sun, 20 Mar 2005 00:07:58 JST-9
永夜抄妖夢単体45億達成。

Sun, 03 Jul 2005 00:21:49 JST-9
永夜抄妖夢単体48億達成。

Wed, 03 Aug 2005 12:07:22 JST-9
東方シリーズスコアボードに妖々夢スコアボードが設置される。

Thr, 04 Aug 2005 23:14:05 JST-9
東方シリーズスコアボードに紅魔郷スコアボードが設置される。

Wed, 22 Jun 2005 03:46:21 JST-9
blog開始。
[PR]
by mostlyharmless | 2006-10-22 20:52 | 徒然

日々の記録

プレイヤー名 Dual
プレイ時刻 2006/10/21 16:33:51
キャラ名 魂魄 妖夢   
スコア 301696980
難易度 Lunatic
最終ステージ Stage 2
ミス回数 0
ボム回数 1
処理落ち率 0.447762%
人間率 90.04%
ゲームのバージョン 1.00d

2面新パターンです。道中刻符12600、クリア時24500。初の2面プラクティス3億超え。
リプレイアップローダに上がっていたYASUさんのこのリプレイをヒントに、パターンを入れ替えました。テーマは、道中に2回出てくる回転使い魔雑魚で人間単体でも巻き込み刻符2000を取ること。
YASUさんのリプレイのパターンを妖夢でそのまま使うと、フィールドの状況と自機の位置関係からその後の早回し雑魚やランダム雑魚への対応が(特にタイミングがぶれて画面上に弾が残ってしまった場合に)絶望的なため、倒し方をすこし工夫しています。

1) 雑魚本体に重なって、妖夢本体のみのショットを当て続ける。
2) 使い魔出現から2拍数えて、3拍目の直前でショットを撃ち止めつつ真下に下がる。
3) そのまま時計回りに使い魔の円周すぐ外を一周して真下まで戻ってくる。
4) 使い魔からの3回目の5wayが射出されるのを目で確認して、ショットを撃つ。
5) 撃破後はすぐに半身を左斜め上に向けつつ、早回し雑魚1匹目の出現位置に移動。

1)は「妖夢本体のみのショットを当てる」というのが重要で、これを実現するには高速移動で所定の位置に一気に移動し、半身を離れた位置に残しておく必要があります。

2)は使い魔雑魚本体を寸止め状態にしているわけですが、特に目印は無いのでタイミングでダメージ量を計るしかありません。この辺の難しさはチームの場合でも同じなので、あきらめて素直に反復練習します。

3)の行為にはいろいろと意味があって、
・円周のどの位置に居るときに初回の5wayを撃たれたかで、移動タイミングが合っているかどうか(寸止めが成功しているか)をあらかじめ判断する。
・3回射出される5wayをそれぞれ別々の角度に撃たせることで、射出のタイミングを目で測りやすくする。(同色同型の弾でも角度が違えば、増える瞬間がわかりやすい)
・5wayの間に入らないことで、その後の展開のための移動経路を確保する。
・破壊時の自機の位置取りを画面中段寄りにすることで、その後の早回し雑魚停止位置までの移動距離を短くする
といった感じ。

5)で半身の角度を調整するのは、左からの編隊を処理するため。
半身の角度を調整する際は、なるべく画面中段よりも下側を維持するようにしておきます。これにより、編隊の処理が遅れて連弾を撃たれてしまった場合も、その弾が早回し雑魚の停止位置に絶妙に重なってしまうという状況を避けることが出来ます。


とまあ、決して簡単なパターンではないのですが、2)の寸止めさえ失敗しなければ後はだいたい撃破まで自動的につながってくれるので、成功率はそんなに悪くありません。見た目がいかにも妖夢らしいパターンに仕上がって、自分でも結構気に入っています。

余談ですが、2面道中の早回し雑魚は、出現後一定時間は無敵の状態になっています。(実際には無敵ではなく、霊夢のラストスペル(神霊「夢想封印 瞬」)にあるような「一応ダメージは通るけど極小まで補正される」という状態だとは思いますが、ここでは便宜上無敵と言うことにしておきます)
で、早回し雑魚それぞれの出現位置の真下で妖夢ショットを当て続けているとわかりますが、1匹目だけはこの無敵が解除されるタイミングが遅いらしく、使い魔を撃たれる前に破壊することが出来ません。なので、後続の雑魚と同じ感覚で倒そうとすると、結構な確率で早回しに失敗します。
3)で大がかりな仕込みをしつつわざわざ接近距離を稼ぐのは、これを何とかするという意味合いが大きいです。
[PR]
by mostlyharmless | 2006-10-21 18:47 | th08-2

日々の記録

プレイヤー名 Dual
プレイ時刻 2006/10/18 04:29:37
キャラ名 魂魄 妖夢   
スコア 530582700
難易度 Lunatic
最終ステージ Stage 3
ミス回数 0
ボム回数 0
処理落ち率 0.500000%
人間率 63.80%
ゲームのバージョン 1.00d

3面新パターンです。道中刻符15800、クリア時34700、エフェメラリティ撃破タイミングミス。スコアは自己ベスト更新。

停止使い魔雑魚の全方位弾を消せることに気付た時の衝撃は、言葉では到底言い表せません。あきすて氏のHardリプレイでこのパターン自体はかなり前から見ていたはずなのですが、Hardでは全方位弾の発射間隔が広くていいなあなどと思いつつLunaでは無理だろうと勝手に判断して試してさえいませんでした。
YASU氏のLunaリプレイを見てすらそれだけではまだ気付かず、動きを真似してみて初めて全方位弾を撃たれないことに気付く始末。迂闊にも程があります。
かなり本気でへこみつつ、一気にパターンを入れ替えて気付けばこんな時間に。

撃破タイミング調整がまだ怪しげですが、一応ショットを撃ち始めるタイミングは、
・1匹目はあまり余裕がないので速攻撃破
・2匹目は雑魚の自機狙いとすれ違った瞬間
・3匹目は横方向の全方位弾がちょうど画面中央に届いたタイミング
といった感じ。
後半はまだ試行錯誤中。
[PR]
by mostlyharmless | 2006-10-18 05:14 | th08-3

5面道中前半

と言うわけで5面から。回転使い魔雑魚2~4匹目、中避けしつつアイテム上部回収
上で円陣にめり込むパターンはアイテム回収ラインの関係で詠唱組限定のようなので、かわりに円陣の下で撃破するパターンにしてみました。

特に難しいことはしていなくて、Point表示のあたりに高さを合わせて待ち、回転使い魔(本体ではなく使い魔の方)が下に下がるのを追いかけつつ2キャラ分ほど降りるだけです。位置的には青の小玉の円のすぐ内側を維持し続けるようにするのが安定のコツ。使い魔に重なることで米粒弾の弾消しが出来ることを利用しているため、始めに待つ位置が悪いと初弾の米粒弾を消し損ねて失敗するので注意。
と言っても全然難しくないので、ことによったらチームでもアイテム回収を優先するならこのやり方の方が楽かもしれません。

この場面はなにげに使い魔の巻き込みによる弾消しが安定せず、きちんと使い魔を残して撃破しても青の小玉が何列か残ることがあります。
撃破タイミングを見計らって高速移動で一気に上に移動することで上部回収する、というパターンを使っていた時期もあるのですが、この青小玉の残りかすに正面衝突する確率があまりにも高く、結局半分下で回収するパターンで妥協していました。1年以上に渡って。
で、それが今回ちょっと視点を変えただけであっさり解決してしまったわけで、冥界組4B後半の時もそうでしたが、やはり一人で考えていると視野狭窄になって駄目ですね。
[PR]
by mostlyharmless | 2006-10-18 00:21 | th08-5

魔理沙単体49億

YASUさんの魔理沙単体45億のリプレイを見ました。
という記事を書きかけの状態で寝かせていたら、もう49億が上がってきてしまいました。残0で45億のリプレイを見た時点で、そこそこの内容でつながるだけで50億に届くことはわかっていましたが、展開が速すぎます。

で、いろいろと凄まじい内容になってますが、特に目を惹いたのは

・3面道中ラストの停止使い魔雑魚の倒し方
・郷の中避け人間逢魔版
・4面道中前半刻符9000超え
・5面道中の回転使い魔雑魚2~4匹目、中避けしつつ点アイテム上部回収

といったあたりでしょうか。後でいくつか妖夢でも真似してみるつもりでメモ。
[PR]
by mostlyharmless | 2006-10-17 21:49 | 徒然

日々の記録

プレイヤー名 Dual
プレイ時刻 2006/10/15 01:07:59
キャラ名 博麗 霊夢   
スコア 2748272790
難易度 Lunatic
最終ステージ Clear
ミス回数 8
ボム回数 20
処理落ち率 0.161779%
人間率 75.00%
ゲームのバージョン 1.00d

1.2, 4.0, 8.9, 15.0, 21.0, 27.4
26枚
シュート・ザ・ムーン、テレメスメリズム、天人の系譜、ライジングゲーム、アポロ13、天文密葬法、蓬莱の薬

ちょっと気分転換に定期大会霊夢単体。
道中はともかくスペルはそこそこ取れているかな、と思ったら6Aで台無しに。テレメスの残1mm死で魂が抜けたようです。
またしてもてゐが1upを出してません。
[PR]
by mostlyharmless | 2006-10-15 01:30 | 日々の記録

日々の記録

プレイヤー名 Dual
プレイ時刻 2006/10/14 21:40:40
キャラ名 魂魄 妖夢   
スコア 5056720600
難易度 Lunatic
最終ステージ Clear
ミス回数 2
ボム回数 13
処理落ち率 0.196266%
人間率 61.77%
ゲームのバージョン 1.00d

1.5, 4.8, 11.8, 20.5, 29.6, 50.5
32枚
ファイアフライ、イベントホライズン、マインドストッパー、寅、夜明け

難題全取得までは良かったのですが、永夜返しに負けました。6B魔法陣もハズレ。
[PR]
by mostlyharmless | 2006-10-14 21:53 | 日々の記録

日々の記録

プレイヤー名 Dual
プレイ時刻 2006/10/13 21:10:31
キャラ名 魂魄 妖夢   
スコア 4364302630
難易度 Lunatic
最終ステージ Clear
ミス回数 2
ボム回数 13
処理落ち率 0.350106%
人間率 67.28%
ゲームのバージョン 1.00d

1.6, 4.8, 11.7, 20.7, 30.1, 43.6
28枚
ファイアフライ、アステロイドベルト、ライジングゲーム、アポロ13、蓬莱の薬

慧音に嫌われて郷の渦に1回入り損ね、てゐにも嫌われて1up出してもらえず。どちらか取れていれば44億でしたが、まあこればっかりは仕方ないですね。

大崩れしていないだけで細かいミスは多いのですが、一応目標は達成したので6Aは一旦終了しておきます。
[PR]
by mostlyharmless | 2006-10-13 21:55 | 日々の記録