log::dual

<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ビデオ撮り

せっかく環境があるのだからということで、ビデオ撮りに挑戦してみました。

http://www.stage6.com/user/Lau_D/video/2159044/Mushihimesama-hutari-stage5

内容は一発撮りをコンティニューして最後まで流しただけなのでお察しで。道中はそこそこつながっていますが、ラーサ戦はいろんな意味で運が悪かったです。1-3は自業自得、2-1の大理不尽はまあ良くあることなのでともかくとして、3-3で割れ目無しの雪崩式が皆勤賞を取るところを見たのは流石にこれが初めてです。

Stage6を使ってみましたが、なかなか良いですね。youtubeも試してみましたが、見るに堪えないくらい劣化させられてSTGだとお話になりませんでした。
エンコードの知識はVHSと決別するために手持ちのメストビデオをまとめて変換した数年前の時点で止まっているのですが、最近の情報を今から調べるのも面倒なのでそのときのまま適当に。
今だとVP6とかが流行りなのでしょうか。あれは無理矢理ビットレートを下げてもブロックノイズが乗りにくい点が素晴らしいけど、そう言う使い方をしないときは他とたいして変わらず、エンコードが異様に遅いぶんだけ使いにくい、というような印象だった記憶があります。そもそも多少性能が良くてもマイナーなコデックはちょっと、とか思っていたら案の定有料化されて、それ以降あまり話題を見なくなっていましたが。
結局自分で保存する場合は、性能とポータビリティを両立させようと考えるとDivXかXviDが無難、なんでしょうねえ。このへんなら大陸系のPMP(COWONとかiRiverとか)なら大抵対応していますし、これだけ普及すれば移行手段も無しに消滅するようなことも無いでしょうし。まったく、手持ちのソースをどの形式で保存するかは、永遠の問題です。おそらく世代を変えつつ一生付き合うことになるのでしょう。

この手のエンコード周りの話題でWeb上に転がっているノウハウは映画やアニメのお話ばかりで、ゲーム類、特に動きの激しいSTGにはそのまま適用出来ず、劣化していたりそもそもソースからノイズまみれだったりする映像をどう誤魔化すかにはかなり悩まされました。ナイトストライカーのビデオなんて何回エンコードし直したかわかったもんじゃありません。
で、散々苦労した結果学んだのは、ソースが汚いと何やっても無駄、ということだったりするのだから酷い話です。

そのナイトストライカーも最近DVDで再販されて、長生きはするもんだなあと喜びをかみしめつつ購入。不具合付きというオチがついていましたが、些細なことです。
[PR]
by mostlyharmless | 2008-01-31 03:39 | 虫姫さまふたりVer1.5

アブレコ 6億

6億

0.4, 2.0, 3.2, 4.4, 5.8/6.0と、どの面も酷いジリ貧進行ですが、一応6億に到達。2面が特に酷いというか、烏賊の錬金を盛大に失敗してます。捨てずに続けて良かったのやら悪かったのやら。
とにかく、これなら7億は十分射程内。しばらくは続行で。
[PR]
by mostlyharmless | 2008-01-27 01:08 | 虫姫さまふたりVer1.5

アブレコ 5.98億

5.98億。酷い寸止め。クリア時残0でした。
今の構成だと無難につなぐだけで6.5億、全部理想的につながって7.5億、8億はまだ見えない、というあたり。DVDの10億は人外過ぎます。

久しぶりに永夜抄をプレイしたら、「低速状態の移動距離を調整し損ねて被弾」を繰り返してさっぱりでした。妖夢だと低速を使用する場面はそんなに多くないのですが、3面道中ラスト、ファイナルマスタースパーク、6面開幕、夜明けあたりで、隙間を横断しようとしたら通過しきれずに被弾、という感じ。寅と夜明けを即死して46億で終了。
更にその後に虫姫に戻ったら、たったの1時間の浮気だけでもう、移動が速過ぎて扱えないという悪循環。これは両方同時進行は無理そうです。
[PR]
by mostlyharmless | 2008-01-22 06:10 | 虫姫さまふたりVer1.5

頌春

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします、この台詞をここに書くのも3回目と考えると、いろいろと感慨深いものがありますね。

去年もいろいろありましたが、やはり一番のイベントはゲーム環境の変化でしょう。偶然なのか必然なのかよくわからない条件が積み重なった結果とはいえ、よもやこの期に及んでゲーセン通いに復帰することになるとは思ってもみませんでした。
アーケードで最後に記憶に残っている情景は、薄暗い店内で青い満月を背景に虎鉄が腕を振り回しているレイディアントシルバーガン(50インチのメガロ筐体入り)です。記憶の中では追憶フィルタのおかげで過剰なくらい改竄美化されており、墓場に持ち込むには良い絵面だと思っていたのですが、世の中どうなるか分からないものです。

5.4億
3歩下がって2歩進むようなことを何回か繰り返したあたり。
[PR]
by mostlyharmless | 2008-01-09 01:16 | 徒然