log::dual

<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

クロガネ降下

クロガネ3-1で停止位置が所定の場所からずれるという症状。2-2終了時に一端画面外に出た後、画面上部の定位置に戻るはずのところを豪快に画面下まで降りてきて、そのまま居座ります。酷い。
別に珍しくも何ともない症状で、最近はむしろ降りてこないことの方が少ないくらいです。

原因はよくわからないのですが、経験上、
・緑カウンタでショット破壊すると、発生確率が高い。
・通常走行→10万走行ボム有り→10万走行ボム無しの順に発生確率が上がる。
・というか稼ぎのパターンが進化するごとに、発生確率が露骨に上がってきている。
・自機を画面中央くらいまで上げて待機させておく(=出現した琥珀をなるべく速く回収する)と、発生確率が下がる。
ということから、原因には形態移行時に発生している琥珀の量、もしくはそれによって引き起こされる処理落ちあたりが関連しているのではないかと思います。

ちなみにこの症状、希にですがラーサ2-1でも発生します。クロガネの方は処理落ちがかかるので慣れれば何とでもなるのですが、ラーサの方でこれが発生したときの絶望感は筆舌に尽くしがたいものがあります。よりによってあんな人類の反応速度の限界に挑戦、と言わんばかりの攻撃で発生しなくても。
[PR]
by mostlyharmless | 2008-11-17 20:51 | 虫姫さまふたりブラックレーベル

MDR-NC500D

以前購入したヘッドホンですが、
デジタルノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-NC500D」 ご愛用のお客様へのお知らせとお詫び
ご使用状況により、まれにヘッドバンド側の長さ調整用スライド部内側の部品(写真の矢印の部分)が「割れる・折れる」などの症状が発生する場合があります。

今日、このリリースの図の通りに壊れました。

まあ性能は気に入っているし、ピックアップ集荷で無償修理、更に最近のロットでは改善されているようなので、私としては特に不満はないのですが、しかし流石ソニーの初物、この方面の予測をまったく裏切りません。

ところで、あちこちから持ち寄った結果として現時点でアーケード内で試したNC付きヘッドホンは、
QuietComfort2(BOSE)
QuietComfort3(BOSE)
MDR-NC500D(SONY)
ATH-ANC7(Audio Technica)
の4種。このへんの記事で紹介されている製品の上から(=価格の高い順)に4種、と考えると、酷く贅沢なことをしている気がしてきます。

で、今のところアーケード内での使い勝手という極端に限定した視点から評価すると、ATH-ANC7(Audio Technica)が最強という意見で一致しています。正確には、一番どうにかしたいのが隣の島で某人型機械の対戦格闘ゲームを堪能している方々の叫声、という条件下において最強。

一般的なノイズキャンセリング効果には、人の声を選別して素通しするというありがたいのか迷惑なのか判断に苦しむ機能があるんですよね。500DなどはNC効果が強烈な代わりに物理的な遮音性が無いに等しいので、電車内などで使うと騒音は消えるのに車内アナウンスだけが素通りしてきて、気味悪いくらいです。

ATH-ANC7は、他の3種に比べてNC効果や全体的な性能は値段相応。ところが単純に密閉度が高くて耳栓的な効果が上乗せされるため、500Dのようなインテリジェントさはかけらも無いかわりに周囲の騒音から人の声まで無骨に全部消えます。何より価格が他三種の半額。代償として図体がでかいとか暑苦しいとかありますが。

というような話を借り出したQC3の持ち主にしたら、「よくわからんが、奇声ではなくて奇声を発している連中に消えてもらうのが正しい解決法では」と、身も蓋もないことを言われました。さもありなん。
[PR]
by mostlyharmless | 2008-11-16 04:54 | 徒然